main_img0

第2回 RKS関西ジュニアウエイト制交流大会



2020年9月13日(日)
第2回 RKS 関西ジュニアウエイト制交流大会
主催:日本格闘空手拳法連盟 慎心会館

中学男子 中重量級 【準優勝】岡本 楽

小学男子 高学年 軽量級B 【準優勝】西口 空(亀井)
              【第三位】福本翔琉(加美)

小学男子 高学年 軽量級A 【第三位】北村大翔(八尾)

コロナ禍で様々な大会が延期・中止となる中、
誠風会としては昨年12月以来、久々の大会出場。
5名が挑戦して、4名が入賞を果たしました。

初戦で敗れたハルキを含め、
みんな 勝った試合はもちろん、負けた試合も堂々たる闘いぶりでした。
誠風会として誇りに思います。

ガクは50~55kgの「中量級」にエントリーしたのですが、
選手数の都合で「中重量級」として55kg以上の部門に挑戦となりました。
初戦、するどい左上段で技有りを奪い勝利。
準決勝も体格で勝る相手に本戦判定勝ち。
決勝ではこの日「最優秀選手賞」に選ばれた相手に本戦は引き分け。
延長で敗退となりました。
試合後、多くの先生方に「あの子は強いですね」「カウンターがいいですね」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ部門に出場したカイリとスカイ。
カイリが初戦を突破し、続く準決勝で初戦シードのスカイと対戦しました。
両者は、今年2月の誠風会交流試合 決勝の再戦。
この時は、再々延長まで競り合ってスカイが3-2と薄氷の勝利でした。
今回も両者互角の展開。
本戦、上段前蹴りで技有り1つずつ。互いに一歩も譲らず引き分け。
続く延長、攻め気にはやるカイリに、スカイがまたしても上段前蹴りを決めて勝利となりました。

 

 

 

 

 

カイリは三位決定戦で勝利。
スカイは決勝で敗れましたが、
2人とも堂々向き合っての勝負、よく頑張ったと思います。

 

 

 

 

 

対外試合に初出場のヤマト。
初戦で敗れましたが、技有りを取られた後、すぐに技有りを取り返し、簡単には諦めないところを見せました。
三位決定戦では、アドバイス通り右上段を決めて、対外試合 初勝利。
まだまだ稽古すべきところは多いですが、それだけまだ伸びしろがあるということです。
やる気も高い子なのでこれからが楽しみです。

 

 

 

 

 

初中級に上がってから伸び悩んでいるハルキ。
相手のリーチの長い突きに苦しんで初戦敗退となりました。
今回は少し動きがまとまってきて、向上が見られたと思います。
後半には、いくつか強い技を当てることができました。
パワーがある子なので、力まず技がスムーズに繋げられるようになれば、もっと勝てると思います。

・・・昨今、新型コロナによる いろんな制限がかかることで、
子供達の「意欲の低下」「情緒の不安定」など精神面への影響が心配されています。
その中で、こうして思いっきり闘う場に出場できたことは、
子供達の心身にとって大変良い機会をいただいたと思います。
主催の慎心会館様、参加された各会派の諸先生方、スタッフの皆様、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 


8/13~16 お盆休み



稽古・行事予定カレンダーにあるように、
令和2年8月13日(木)~16日(日)
稽古はお盆休みです。

今年は新型コロナの影響で、
夏休みが短く、遊びも控えて、子供達にはかわいそうな夏になりました。
その分、休み明けには 空手を元気に頑張りましょう!

 


令和2年度 夏季審査会



7/27~8/1 各道場にて夏季審査会を行いました。
今回は新型コロナによる活動休止があったため、4月の春期審査会を延期しての審査でした。
結果発表も終わりましたので、ここに合格者を発表いたします。


【令和2年度  夏季昇級審査会  合格者】

4級:紫帯  徳山 聖 (加美 週2)    百原歩乃果 (亀井 土)
5級:青帯  岡本脩汰 (八尾 金)    谷口このあ (加美 週2)    宮里純喜 (加美 火)
6級:橙帯  谷浦 浬 (八尾 月)    岡田侑大 (八尾 月)     吉本 詠 (八尾 月)    藤原幹太 (八尾 金)
       田渕佑翔 (八尾 金)    田中元貴 (八尾 金)     立石剛健 (加美 週2)    藤田絢音 (加美 週2)
       福田苺花 (加美 木)    佃 然生 (亀井 週2)     森慶太朗 (亀井 週2)    中西透琉 (亀井 週2)
7級:黄帯  山口諒輔 (八尾 金)    藤田和輝 (加美 週2)     中井大智 (加美 火)    上地冠央 (加美 火)
       秋月悠和 (亀井 週2)  脇村彰吾 (亀井 週2)     植田 舜 (亀井 土)


見事昇級を果たした皆さん、合格おめでとうございます。
課題をクリアできたことはもちろん、審査会独特の緊張にも打ち勝って よくやってくれたと思います。
これからもひとつひとつ、自信 (=自分を信じる力) が持てるよう頑張ってください。

一方、残念ながら昇級見送りとなった皆さん。
一口に不合格と言っても、みんな一様ではありません。

確かに進みは遅いのですが、一歩一歩 合格に近づいてる子
いつもはバッチリなのに緊張して崩れてしまった子
「合格まで暫くかかるかな」という予想を良い意味で裏切って、本当に惜しいところまで出来てた子
みんなそれぞれです。

時間がかかることが、悪いこととは限りません。
時間をかけたからこそ、得られるものもあります。
それぞれの課題をしっかりクリアできるよう、次を頑張ってください。

 


7月からの稽古



配布済みの稽古予定表に記載の通り、
7月から 下記のように 以前の状態に戻してまいります。

(1) 全クラス、時間短縮をせず、以前の稽古時間に戻ります。
(2) 加美道場の「週2回コース」を再開します。
(3) 八尾道場/金曜クラスは1クラスに戻ります。

なお、八尾道場/月曜クラスは、もうしばらくの間 広い1Fホールを使用します。

 


マスク着用を任意とします



来週6/15(月)の稽古から、マスクの着用を任意とします。

大阪府の新規感染者数は、
5/23~6/12の3週間で累計6名。
内訳は 1名の日が6日、他の15日は0名です。
※下記資料もご参照ください。

万一を想定することも大切ですが、
マスクを着用しての稽古は 体温の上昇・息苦しさを招き、
熱中症のリスクが高まります。
スポーツ庁の見解も、この熱中症リスクを考慮して
「体育でのマスクは不要」「部活動もこれに準じる」となっています。

また、マスクをすることで、稽古中に顔を触る回数が増えてしまいます。
着け外しはもちろん、ズレたり、汗が気になったり、不意に触ることが多く見受けられます。
手にウイルスが付着することで感染するのではなく、
その手で目・鼻・口などを触ることが危険なのは、皆様ご存知でしょう。

心配の残る方は、もちろんマスク着用でも結構です。
稽古は、体調や気温に配慮して進めます。
すでに今年は6月からTシャツで稽古OKとしており、
休憩も多めに取るようにしています。

他、クラスの一時変更・時間短縮などは、少なくとも6月末まで継続です。
稽古前後の消毒・除菌関連は、もちろん続けます。


[資料]

児童間でクラスターが発生した福岡県との比較

●人口(2020年4月現在)
 大阪府 882万人   福岡県 511万人

●新規感染者数(5/23~6/12の3週間)
 大阪府 6名   福岡県 154名

福岡のニュースを見ると心配させられますが、
大阪と福岡では、現状これだけの差があります。
大阪は福岡の170%の人口がありながら、
ここ3週間に判明した新規感染者数は、福岡の3.8%です。

だから安心!と言えないことは重々承知です。
しかし同じ予防をするにしても、盲目的な自粛信者に陥らず、
場所・人数・年齢・行為など、総合的によく考えることが必要だと思います。

 


1 / 4412345...102030...最後 »