main_img0

令和2年度 一般部 審査会



2020.9.20(日) 亀井道場にて、
一般部の昇級審査会を行いました。

今回の審査に挑んだのは、中1から大学1年の7名。
他に成人を含む11名が参加して、合計18名での審査会となりました。

 

 

 

 

 

見事 合格を果たした皆さん、昇級おめでとうございます!

【合格者】
1級:正茶帯  茂山天音 (中3)
2級:準茶帯  松原大樹 (中1)
4級:紫帯   中村慶次 (高1)   高山愛梨 (高1)
5級:青帯   中村真樹奈 (大1)  瀬口恭加 (中2)


大樹君(左・赤)
小6で腰を痛めて長期休会。
やっとの茶帯挑戦でしたが、見事合格を果たしました。

 

 

 

 

 

慶次君(右・白)
めったにない跳び級です。
これからも期待に応えて頑張ってください。

 

 

 

 

 

愛梨さん(左・赤)
少しずつ身体の極めが出てきてます。
上手く応用して、速くて強い技を磨きましょう。

 

 

 

 

 

真樹奈さん(左・赤)
女子で一番のファイタータイプ。
突き蹴りのバランスが良い組手ができました。

 

 

 

 

 

恭加さん(右・白)
課題をしっかりクリアできてました。
思い切りがつけば、もっと良くなりますよ。

 

 

 

 

 

そして、正茶帯に挑んだ天音君(赤)
見事でしたね!
審査前に厳しく言われた型も、周りから「良かった!」と声が掛かるほど。
五人連続組手も、キレ・スタミナ・集中 どれも文句なしでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何歳から始めても、
最初からセンスの良い動きを見せる子もいれば、
ゆっくり上達する子もいます。
「最強」をめざすのが格闘技なら、
「自分のベスト」をめざすのが武道です。
ゆっくりでも「自分のベスト」をめざして、
これからも それぞれ頑張って欲しいと思います。

・・・こちらは組手審査前アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・審査後の稽古会

 

 

 

 

 

今回も実践会館の植木指導員・小山指導員にご協力いただけました。
いつも感謝です。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

たくさんの方の応援に、誠風会として応えられるよう、みんな頑張っていきましょう!

 

 


令和2年度 夏季審査会



7/27~8/1 各道場にて夏季審査会を行いました。
今回は新型コロナによる活動休止があったため、4月の春期審査会を延期しての審査でした。
結果発表も終わりましたので、ここに合格者を発表いたします。


【令和2年度  夏季昇級審査会  合格者】

4級:紫帯  徳山 聖 (加美 週2)    百原歩乃果 (亀井 土)
5級:青帯  岡本脩汰 (八尾 金)    谷口このあ (加美 週2)    宮里純喜 (加美 火)
6級:橙帯  谷浦 浬 (八尾 月)    岡田侑大 (八尾 月)     吉本 詠 (八尾 月)    藤原幹太 (八尾 金)
       田渕佑翔 (八尾 金)    田中元貴 (八尾 金)     立石剛健 (加美 週2)    藤田絢音 (加美 週2)
       福田苺花 (加美 木)    佃 然生 (亀井 週2)     森慶太朗 (亀井 週2)    中西透琉 (亀井 週2)
7級:黄帯  山口諒輔 (八尾 金)    藤田和輝 (加美 週2)     中井大智 (加美 火)    上地冠央 (加美 火)
       秋月悠和 (亀井 週2)  脇村彰吾 (亀井 週2)     植田 舜 (亀井 土)


見事昇級を果たした皆さん、合格おめでとうございます。
課題をクリアできたことはもちろん、審査会独特の緊張にも打ち勝って よくやってくれたと思います。
これからもひとつひとつ、自信 (=自分を信じる力) が持てるよう頑張ってください。

一方、残念ながら昇級見送りとなった皆さん。
一口に不合格と言っても、みんな一様ではありません。

確かに進みは遅いのですが、一歩一歩 合格に近づいてる子
いつもはバッチリなのに緊張して崩れてしまった子
「合格まで暫くかかるかな」という予想を良い意味で裏切って、本当に惜しいところまで出来てた子
みんなそれぞれです。

時間がかかることが、悪いこととは限りません。
時間をかけたからこそ、得られるものもあります。
それぞれの課題をしっかりクリアできるよう、次を頑張ってください。

 


令和元年度 冬季再審査



1/20~1/25 各道場にて冬季再審査を行いました。
その後 お休みが続いていた道場生にも、先日やっと帯を渡すことができました。
遅くなりましたが結果発表をいたします。

少年部【合格者】
2級:準茶帯 横山光希 (加美 火)
3級:緑帯  冨岡隼大 (八尾 月)  西 悠介 (亀井 水)   藤本結愛 (加美 木)
4級:紫帯  瀬口直矢 (亀井 土)
5級:青帯  松原一樹 (加美 木)  木南 彩 (亀井 土)
6級:橙帯  青木 純 (加美 火)    渡邊一稀 (八尾 金)
7級:黄帯  山口峻輔 (八尾 金)  藤原颯介 (八尾 金)

合格者の皆さん、昇級おめでとうございます。

中には予想を上回る出来を見せてくれて、頼もしく思った子もいました。

合格者の中には(上級者であっても)それほど組手が得意じゃない子もいます。
しかし組手が強いだけが空手の到達点ではありません。
基本・移動・型において、しっかり気持ちをもってこなせるかも大切な要素です。
自身が成し遂げたことに自信をもって、堂々と新しい帯を締めてください。

一方、今回は白帯の不合格者、黄帯になれなかった子が目立ちました。
まだ初級者、特に幼い子に繰り返し不合格を告げるのは私も辛いものです。
しかし、審査に遅刻してくる、課題ができなかったのに遊び気分で笑っている、
そうしたことは最低限 改めなくてはなりません。
また、左右の間違い、白帯で覚えるべき前蹴りの受け、は正していきましょう。

審査を通じて、空手のスキルを上げるだけでなく、
集中力、持続力、緊張に負けない心、
そうした将来に役立つ力を身につけて欲しいと思います。
それでこそ審査・昇級が価値あるものと言えるのです。

次回は春。
新しい一年が気持ち良くスタートできるよう、次を頑張りましょう!

 


1 / 11